ハイドロキノン

ハイドロキノン※使い方や市販情報

ハイドロキノンの使い方

ハイドロキノンという化学物質は、無色の固体という性質を持ち、水に溶けやすいという特徴を持つので、液体にしやすいという特徴も見られます。
ほんの少量ですが、ハイドロキノンは、天然素材ということでイチゴやコーヒー、麦などにも認められます。
染料の原料や写真の現像にも活用されており、とりわけ知名度が高いのが地肌を美白にさせる効力です。
ハイドロキノンには、漂白作用があるため、肌を美白する際に多くの人に取り入れられています。
ハイドロキノンとは、皮膚を黒く沈着させてしまうメラニン色素を作るチロシナーゼという酵素の作用を抑制します。
このため、メラニン色素に関連する細胞を減らす美白効果が期待できます。
皮膚にハイドロキノンをのせると、シミやそばかすが薄くなったり、もう出てきてしまったシミを薄く変化させたりという効能があります。
ただし、取扱方法や容量が正しくないと肌の一部だけ白く変わったり、肌が紅潮し、かぶれを引き起こしたりという副作用が発生するケースもあります。
ハイドロキノンは皮膚科でもらえるので、医師などの専門家を受診した後に買うようにしましょう。
さらに、病院の薬局だけでなくドラックストアにも置いてあり、欲しいときにすぐ買うことができます。
加えて薬事法が改正されたことで、化粧品に入っているものも増えてきました。
お店などで取り扱っているものは、ハイドロキノンの分量が4パーセント以下のタイプです。
ハイドロキノンは熱を嫌い、成分が壊れやすくなるため、きちんと密閉して冷蔵庫に保存するか風がよく通る日陰にしまいましょう。

 

全身脱毛 名古屋

 

ハイドロキノンのタイプ

ハイドロキノンと呼ばれる物質は、カテゴリー分けすると3つに分けられます。
最初に、利用されることが多いハイドロキノンに関してです。
優れた美白効果を持つので、皮膚科や薬局で手に入れることができるようになっており、ここ数年ではハイドロキノンを含有している化粧品も売られています。
それから、肌の漂白剤という風にも言われているハイドロキノンは、肌のかぶれや、色素が一部だけ抜けるなどの副作用も起こり得るのです。
さらに紫外線に強くなく、UV対策を万全にしておかないと危険なので、使う手順や分量を間違えないようにしましょう。
続いてのハイドロキノンですが、これというのはハイドロキノンモノベンジルエーテルという名称です。
こちらの成分は、肌にもたらされる漂白作用がありすぎるので、日本における化粧品の配合は禁止されています。
肌が持つ色自体を漂白してしまうので、先々の皮膚への悪影響が酷すぎるのです。
日本とは別の国では、シミを治すときに使っているところもあるのです。
次のハイドロキノンですが、何かというと安定型ハイドロキノンとなります。
このタイプは、最初に取り上げたハイドロキノンとは違い、界面活性剤を一定に配置した分子の錯体として生成されたものとなります。
このため肌へのダメージが少なく、製品の長期保存が可能といったプラス面を兼ね備えています。
しかしながら、本来のハイドロキノンと比べて効果が低く、認知度も低いとされています。
日本国内に関しては、冒頭で取り上げたハイドロキノンが美容分野で広く活用されており、非常に重宝されています。
また、化粧品のうちハイドロキノンがプラスされている商品も続々と増えています。

 

PR
キレイに脱毛できると評判がいいミュゼの口コミを公開しているサイトです。
実際に管理人さんがミュゼに通った体験談を紹介していますのでこれから脱毛サロンに通ってみたいという方には
参考になるのではないでしょうか?
脱毛ラボ 横浜

ハイドロキノン 市販されている?

ハイドロキノンは、美白に関心が高い人にとって、絶対に必要なものに発展しました。
加えて、2001年の薬事法の改正によって、濃度4パーセント以内なら化粧品にハイドロキノンを入れても問題ないということになりました。
なので、医療機関に限定されず、薬局や化粧品売り場、ドラッグストアなどにおいてもハイドロキノン配合の化粧品が販売されるようになりました。
ハイドロキノンを含有している化粧品は、様々なタイプがあり、どんなものを買えばいいのか迷う人も少なくないでしょう。
化粧品選定時のコツは、まずは濃度をきちんと見るということです。
ハイドロキノンを保有している製品は、1パーセントから4パーセントの間の濃度なのですが、段階的に美白の効き目を感じたいなら低濃度がぴったりです。
早い効果は期待できませんが、副作用の不安が皆無なのも特長の一つと言えるでしょう。
早い効果を期待するならば、薬局で取り扱っている中で1番濃度が高い、4パーセントのハイドロキノンを含有したものを買いましょう。
かゆみや炎症を引き起こす可能性もあるため、パッチテストをはじめに完了させてから、用いると良いでしょう。
ハイドロキノンは、濃度が高い状態になると医薬品扱いになり、医師の許可がないと買えません。
そういった理由から、ハイドロキノンについてきちんと研究している人や医師が開発した化粧品を選ぶのがおすすめです。
副作用のリスクを考えた上で仕上げているので、不安を感じることなく利用可能だからです。
また、使用後の補償を謳っている化粧品を選んでもいいでしょう。
しっかり研究されて生成された商品であるがゆえに、利用した後のことまで考えられていると言えるでしょう。

美容お気に入りリンク集

最近は顔脱毛もかなり高度になってきて産毛もしっかりと脱毛できるようです。
ただ自宅ではなかなかうまくいかない場合も多いようなので脱毛サロンや医療レーザーで
プロに脱毛してもらうのが1番簡単に脱毛できます。
キレイモ渋谷店ならしっかりとキレイに脱毛できますよ

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ