紫外線が肌によくない理由

紫外線が肌によくない理由

紫外線が肌によくない理由

紫外線は肌によくないと言われているですが、なぜ紫外線は肌によくないのでしょうか。皮膚に紫外線を受けると、どういった影響が及ぶものなのでしょうか。太陽の光には、常に紫外線が含まれています。太陽の光を浴びている時は、常に紫外線も浴びていると考えていいでしょう。太陽光のうち、明るく見えるのは可視光線であり、そのほかに紫外線と赤外線という見えない光もあります。可視光線以外の光は両方とも視認することはできませんが、波長の長短で紫外線と赤外線に別れます。より細分化すると、紫外線はA波、B波、C波と波長の長さによって3種類に分けて扱われます。このうち紫外線C波はUVCとも呼ばれ、オゾン層によって吸収されるため地上には到達しないと言われています。ただし、最近になってオゾン層が薄くなっていることが注目されていますので、C波が地表に届く可能性も存在するといいます。肌に赤外線が当たっても、直接的な害はありません。けれども、赤外線のために肌が暖かくなれば、紫外線の効果が出やすくなります。赤外線の作用で、紫外線が肌にダメージを与えることもあるようです。日焼け止めクリームや紫外線を防ぐ道具を使って、肌に紫外線を受ける機会を減らすようにしましょう。

紫外線が肌によくない理由記事一覧

乾燥肌の人のスキンケア化粧品

スキンケアのための化粧品選びで、乾燥しやすい肌質だという人は、一体何を基準に選ぶものでしょう。乾燥肌の人はちょっとした成分が刺激になることがあります。スキンケア化粧品は基本的にアルコール、香料、着色料が入っていないものがおすすめです。化粧品に含まれているアロマ成分は、お肌にいいように思われがちですが...

≫続きを読む

 

紫外線をカットして日焼け対策をする

紫外線対策の基本は、太陽光の下に出る時に紫外線を肌に浴びないようにするということです。かといって、屋内に閉じこもっていることはできません。戸外に出る時は紫外線を肌に浴びる機会を少なくするために、サングラス、帽子、日傘などUVカット効果のあるものを使っていきましょう。目で感知できないことが紫外線の厄介...

≫続きを読む

 

乾燥肌のスキンケアの注意点

人によって、乾燥肌へのスキンケアのやり方は異なりますが、基本原則として、ほとんどの人に共通するやり方があります。スキンケアでは、まず保湿が重要です。風呂上がりや、洗顔が終わったら、間隔をあけずに保湿ケアをすることが、スキンケアの原則です。お風呂から出た後に、何もしないでおいておくと、肌からどんどん水...

≫続きを読む

 

脂性肌のスキンケア

スキンケアの方法は肌質によって異なります。脂性肌の人は、まず自分の肌のどの部分の脂質が多いかを見わける必要があるでしょう。季節によって肌が乾燥したり脂性になったりすることもあるでしょう。空気の乾燥や、外部の刺激から肌をガードするために、人の肌は油脂や水分を常に分泌しています。肌が正常な状態を保たれて...

≫続きを読む

 

紫外線対策に効果的な化粧品について

紫外線は、肌に浴びてしまってから行う対策と、紫外線を肌から遮るための対策とが存在します。紫外線を肌に受けていた時間はごくわずかのつもりが、数時間後には肌が赤くなっていたり、ヒリヒリするようになってしまったという体験談を持つ人は多いでしょう。屋外で活動をした時の、紫外線を浴びた肌はどのようにケアをする...

≫続きを読む

 

スキンケア商品の基本的な使い方

スキンケアには多種多様な商品があります。ですが、スキンケアとはどんなことをするかは、ほぼ一緒です。どんなに効果の高いスキンケア商品でも、正しい使い方をしなければ意味がありません。洗顔料は、スキンケア化粧品の中でも、最もベーシックな商品です。お肌の汚れを放置したままで、肌のお手入れをしようとしても、き...

≫続きを読む

 
ホーム RSS購読 サイトマップ