ハイドロキノン 副作用

ハイドロキノン※副作用

ハイドロキノンのデメリット

ハイドロキノンは、美白効果が相当なものですが、反対に、使用方法を間違えると副作用が引き起こされる可能性があります。
ということで、ハイドロキノンの癖をちゃんと掴んでから使用しましょう。
はじめに、ハイドロキノンだけを利用する際は、ちゃんと顔を洗い皮膚の汚れを取り除きます。
化粧をしていたら、メイク落としをしっかりしてから洗顔クリームで洗浄します。
その後は、いつも通りに基礎化粧品を使って、肌のメンテナンスをします。
ここまできたらハイドロキノンを使用しますが、そばかすやシミなど気にしているポイントに薄めにのせていきます。
ハイドロキノンは熱や光に対する耐性がないので、昼間つける場合は紫外線ケアを念入りに行います。
紫外線とハイドロキノンが組み合わさると余計に刺激がもたらされるようになり、肌に問題が生じる恐れがあります。
日焼け止めアイテムを完璧につけるなどして紫外線を回避しましょう。
ハイドロキノンを昼間のうちにつけたときは、入浴後にきちんと洗顔して取り去りましょう。
また、就寝前に塗った際は、朝起きてから洗い流します。
塗ったあとに放置すると肌への負担が大きくなってしまうので、完全に落としきることが欠かせません。
なおかつ、ハイドロキノンは簡単に酸化し、変色もすることが知られています。
それゆえ、容器の封はきっちりとして、通気性のいい場所や冷蔵庫にしまいましょう。
そして、2か月経過すると酸化が激化するので、消費期限は2か月程度と思ってください。
期限内に全て消費してしまうか使いきれないと思ったら新しいものを購入しましょう。

 

ハイドロキノン5%

ホーム RSS購読 サイトマップ