ハイドロキノンと美白

ハイドロキノンと美白

トレチノインの効果

美白を目指している人にハイドロキノンは使われることがほとんどですが、トレチノインも併せて利用すると相乗効果が得られます。
トレチノインいう物質は、ビタミンAに属するレチノールの媒体であり、ビタミンA本来の200倍くらいの効果があるということが知られています。
肌の表皮細胞を活性化し、ターンオーバーを早め、シミやそばかすに限らず、ニキビ治療にも役立てられています。
加えて、肌に備わっているヒアルロン酸やコラーゲンを増やす力もあり、ほんの少しですが人体にもある物質です。
このことから、ハイドロキノンと対照しても副作用の心配がありません。
トレチノインという物質は、美白のタイプの中でも、肌の浅い個所にできたシミへの効果が期待できます。
その反面、濃いシミには効果が発揮されにくいので、ハイドロキノンも一緒に用いるといいでしょう。
両方一緒に使う場合は、トレチノインの濃度が1パーセントを超えないようにするのがお勧めです。
トレチノインは、濃度が高いと色素沈着しやすくなり、濃度が低いとなかなか効果が出ないのです。
ハイドロキノンほど副作用が強力でないものの、使ったあと2週間ぐらい肌が赤く変化してしまう恐れがあります。
肌の赤みは少しずつ落ち着くのがほとんどですが、治りにくいときは、皮膚科に行きましょう。
しかも、肌の再生周期が短いので、肌が遅れを取って乾燥を引き起こしやすくなります。
そのうえ、ハイドロキノンと同じように光や熱が弱点です。
忘れずに保湿やUV防御を行ってからトレチノインを使用すると良いでしょう。

 

日焼け止めクリーム情報

ホーム RSS購読 サイトマップ