ハイドロキノン 効果

ハイドロキノンで得られる効果

ハイドロキノンの効果

ハイドロキノンは、本来写真の現像に使われたり染料の原料として知られていましたが、一般的な認知度が高いのが美容による使用です。
ハイドロキノンの性質を利用し、肌を漂白、いわゆる美白を実現するのです。
ハイドロキノンは、そばかすやシミの起因となるメラニン色素を作り出す酵素に該当するチロシナーゼの動きを封じ込めます。
つまり、肌を黒くする元になるメラノサイト細胞を少なくして、美白を実現します。
しかも、シミやそばかすの予防だけでなく、現在できているシミやしわ、そばかすにも作用します。
ハイドロキノンを肌につけると肌の色が少しずつ白くなっていき、シミやそばかすも目に付きにくくなります。
ビタミンCも美白効果が高いとして多くの人に認知されている物質ですが、ハイドロキノンとは大きな差異があります。
ビタミンCに関しては、もうできてしまったシミやそばかすには効き目をもたらしてくれません。
今後できる可能性があるシミを抑え込む効果を備えているだけです。
けれども、ハイドロキノンに関しては、現在あるシミやそばかすにも効くので、注目されているのです。
それと、美白効果に定評のあるアルブチンやコウジ酸と比較しても、ハイドロキノンは100倍もの美白効果を秘めています。
ですが、この分副作用の危険性もあるのも現状です。
ただし適量のハイドロキノンを用いて使用方法を厳守すれば、心配は不要なのです。
だとしても気が進まないならば、専門医や薬剤師にアドバイスを求めれば心配は取り除けるはずです。
あらかじめ相談しておけば、すっきりしてハイドロキノンを使って治療することができるはずです。

ハイドロキノンの副作用

ハイドロキノンは優れた美白効果を秘め、肌を美しい状態にする効能も持っています。
その一方でハイドロキノンは、肌の漂白剤と呼ばれているような、副作用の危険性が高いことも知っておかなければいけません。
ハイドロキノンの濃度が高ければ高いほど、強い美白効果を持っていますが、それに伴い様々なリスクもあるのです。
白斑なるものも副作用とされますが、この副作用は肌の色が部分的に白く抜けてしまうというものです。
シミ解消を目指してハイドロキノンを塗りこんだのに、かえって白い点々ができてしまい、皮膚へ多大な負荷をかけてしまう危険性もあるといえます。
そして、肌は白く変化しても、色素沈着が生じ、肌の持つ本来の色までなくなって見た目的に不健康な肌になってしまいます。
これにプラスして、アレルギーがある人は、ハイドロキノンに反応し肌が赤くなり、かぶれるという話も聞かれます。
さらにひどくなると、皮膚炎を発生させてしまうときもあります。
薬物刺激からくる少々のかゆみ程度なら不安に思わなくて大丈夫ですが、ひどいかゆみが生じる場合は気を付けてください。
さらに妊婦の利用は、
なんらかの実験結果はないですが、控えたほうがいいでしょう。
そして、ハイドロキノンの弱点は熱や光であるという性質があります。
太陽が直接当たらない風通しの良い場所か冷蔵庫に入れるなどして使っていくことがポイントです。
そして、そばかすやシミは紫外線を多く浴びることで生じるので、UV対策を万全にして日焼け止めなどをこまめに塗る習慣をつけましょう。
薬剤師や皮膚科医の説明を聞いたり、化粧品であればパッチテストを先にやれば、副作用の恐れはなくなるでしょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ