ハイドロキノン 濃度

ハイドロキノンの濃度

ハイドロキノンの濃度や使い方

ハイドロキノンは、高濃度であるほど美白効果がもたらされますが、その一方、皮膚への負荷は高く、副作用を及ぼす可能性があるでしょう。
このため、しっかりと濃度をチェックしてから用いることをお勧めします。
ハイドロキノンについて、4パーセントまでなら副作用の危険性は少なく、10パーセントまでが扱える限度となります。
あまり高濃度でないハイドロキノンは、おおよそ2パーセント程度の濃度となります。
これは化粧品に含まれる濃度であり、副作用のリスクは低いですが、短時間で効果が発揮されることはありません。
とはいえ、長期間の使用も可能で刺激もごくわずかなので、敏感肌の人や急激に変化する必要がないという人にはおすすめです。
さらに、中程度の濃度のハイドロキノンは、4パーセントくらいの濃度です。
普通に売り出されている化粧品は、4パーセントが上限で、5パーセント以上になると皮膚科に行かないとならない濃度です。
中くらいの濃度のハイドロキノンは、濃度の低いものと比べると即座に効果を実感できて、中濃度までなら副作用があまり出なくて済むそうです。
しかし、元々肌が弱かったりアレルギー体質だったりすると、このくらいの濃度であっても強い刺激で、肌が傷んでしまうかもしれません。
事前にパッチテストを試みてから使うように心がけます。
次に、10パーセントほどの高レベルのハイドロキノンになります。
高濃度のタイプは、皮膚科の医師の処方のみで得ることが可能になります。
濃度がかなりあるため、すぐに効きますが、皮膚への悪影響も大きいのです。
医師によっては、ハイドロキノンのみならずステロイドの処方箋も出すこともあるようです。

ホーム RSS購読 サイトマップ